JPナンバー(日本電話番号検索)とは?JPナンバーの風評対策方法

JPナンバー(日本電話番号検索)とは?JPナンバーの風評対策方法

みなさんは登録していない番号から電話がかかってきたとき、どのように対応していますか??とりあえず出てみる??何度もかかってきたら折り返す??出ないで無視する???

知らない番号からの電話に出てみたら、営業電話で嫌な思いをした・・・なんて人も少なくないと思います。そんなときに便利なのがJPナンバーです。JPナンバーを使えば、電話番号からどこからの電話なのか確認することが出来ますし、逆に電話番号を知りたい場合も店舗の名前や企業の名前で検索すると確認することが出来ます。

一見便利な検索サイトのようですが、JPナンバーはだれでも登録することが出来るため、気づかない間に会社や個人の番号が登録されており、悪いコメントが書かれていた・・なんてこともあります。ではその場合どのように対応したらいいのでしょうか。

◆ 効果的な逆SEO対策で問題ページの押し下げを行います ◆

\風評被害対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

JPナンバーとは

JPナンバーとは

JPナンバーとは「日本電話番号検索」のことです。電話番号を入力して検索すれば誰からの電話なのか簡単に調べることが出来ます。電話番号を調べたい場合は、店舗名や会社名を入力すると検索可能です。

悪質な詐欺会社や闇金業者などは電話帳などに登録をしていないため、うっかり電話に出てしまって嫌な思いをした・・なんて経験がある方もいるかもしれません。JPナンバーは固定電話だけではなく携帯電話、フリーダイヤル、IP電話など様々な種類の電話番号が記載されており、悪質な会社の情報もしっかりと載っているため、自分にかかってきた電話がどういった電話なのか判断するにはとても便利です。

実際に検索すると事業者情報と一緒に匿名で電話を受けた人や調べた人のコメントを見ることが出来ます。書き込みは誰でも自由に行うことが可能です。そのため「しつこい営業電話」「詐欺の会社」「受付の態度が最悪」など風評も多く書き込まれています。正しい情報が書き込まれていることもありますが、中には意図的に悪い書き込みをしていたり逆恨みの内容など、事実とは異なることが書き込まれていることもあります。

そういった書き込みがされてしまうと、企業のイメージダウンにつながってしまいます。特にテレアポを営業方法の主流としている会社にとっては営業電話を「迷惑」と感じられ風評を書き込まれてしまい営業妨害になってしまったり、求人をだしている会社にとってはマイナスイメージを持たれてしまい応募が減ってしまったということになりかねません。

JPナンバーはSEO効果が高く企業名・店舗名等で検索した際に上位に表示されやすい傾向があるため、風評が検索した人の目に留まりやすく多くの人に誹謗中傷の書き込みを見られてしまう危険性があります。正しい内容の書き込みであればいいですが、身に覚えない誹謗中傷の場合思っているよりも被害が大きくなってしまうことがあるため、素早い対応が必要となります。

JPナンバーの削除方法

JPナンバーの削除方法

では、事実と異なることが書き込まれてしまった場合、どのように対応すればいいのでしょうか。対応方法をお教えします。

【JPナンバー削除方法①】口コミを削除する場合

JPナンバーのトップページの一番下に「ご利用案内」があります。これをクリックすると削除される口コミの基準を見ることが出来ます。そこに【ユーザーによるクチコミの削除】という欄があり、口コミ削除を依頼する先の連絡先を手に入れることが出来ます。

あとは、ご自身がお使いのメール機能からその宛先へ、どのコメントを削除してほしいのか、なぜ削除してほしいのか理由を記載して送りましょう。申請する際のフォームなどはないので自由にメール文を作成して申請することが可能です。

しかし削除理由が削除される口コミの基準に沿っていなければ削除は対応してもらえません。私的な理由などではなく、なぜ削除してほしいのか具体的に説明しましょう。正しく削除依頼が出来、削除すべき書き込みであると認められれば大体一週間ほどで対応してもらえます。

【JPナンバー削除方法②】事業者情報を削除する場合

口コミを削除する場合と同様、「ご利用案内」の中に【事業者情報登録について】という欄があります。ここから削除したい場合の連絡先へメールを送れば申請は完了します。

JPナンバーに削除申請をする際の注意点

JPナンバーに削除申請をする際の注意点

JPナンバーに個人的に削除依頼を出す際の注意点です。まず申請理由ですがきちんとご利用案内に書かれている基準を読み。それに沿った理由を記載する必要があります。申請理由が認められなければ削除されることはありません。

また、判断が付きにくい場合なども削除してもらえなかったり、削除までに時間がかかってしまうことがあります。削除されたとしても、その書き込みをした人は自分の書き込みを削除されたことに気がつきます。

そのため、書き込んだ人が逆上して再度書き込みをしてしまうというケースも考えられます。その書き込みを削除するには再度申請をしなければいけませんので、いつまでもいたちごっこになる可能性があります。どんどんエスカレートしていってしまい、削除前よりも状況が悪化してしまった、なんてことにならないためにも、削除申請する人は良く検討した上で申請を行いましょう。

まとめ

普段知らない電話から着信があった場合に利用することが多いJPナンバーですが、誹謗中傷の書き込みも多く、その影響力も大きいサイトです。知らない間に事業者情報が登録されていたり、事実無根な書き込みがされてしまっていることもあるでしょう。

その場合は、素早く対応することで被害を最小にとどめることができます。個人で申請するには時間も労力もかかるため、対策業者に依頼することが一番手っ取り早く削除することが出来ます。

弊社では逆SEOによる問題ページの押し下げ施策を承っております。ご相談は無料で承っておりますので、JPナンバーでお困りの方はJPナンバーでお困りの方は、風評被害対策カレッジお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。