2ちゃんねるの削除依頼方法は?書き込み削除を成功させる正しい依頼方法!

2ちゃんねるの書き込みを削除するために効果的なポイント5つ!

インターネット上での風評被害に悩んでいる方は多くいらっしゃいますが、中でも問い合わせが多いのは、2ちゃんねるに個人情報を載せられてしまった、誹謗中傷を書かれてしまった、というような2ちゃんねるでの風評被害です。

2ちゃんねるとは、匿名で書き込みができ、幅広いジャンルがあることで知られている日本最大級のネット掲示板です。
その社会的影響力はすさまじく、一度誹謗中傷のコメントや記事が書き込まれてしまうと、次々と拡散され瞬く間に風評被害が大きくなってしまいます

ところが、一般的に2ちゃんねるの削除は難しいといわれており、安易に申請してしまいかえって炎上してしまったケースも多くあります。
法的な方法は弁護士に依頼するのが適切かと思いますが、しっかりと2ちゃんねるの仕組みを理解すれば個人でも削除は可能です。

このページでは2ちゃんねるの投稿を削除するための効果的なポイントを紹介しておりますので、参考にしていただき風評被害を最小限にとどめていきましょう。

◆ 効果的な逆SEO対策で問題ページの押し下げを行います ◆

\風評被害対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

削除ガイドラインを理解する

2ちゃんねる 削除ガイドラインを参照する

2ちゃんねるの削除は、削除ガイドラインに則って行われます。ときに掲示板ごとのローカルルールによっても削除される場合がありますが、ローカルルールはその掲示板に詳しくなければ判断が難しいため、削除依頼をする際は削除ガイドラインに則った理由で申請をしましょう。

また、2ちゃんねる側も申請があったものを削除するかどうかはガイドラインを厳守しているかどうかで判断していますので、まずはガイドラインを事前に調べるところから始めましょう。
ガイドラインがわかりにくい!という方のために、ガイドラインの注意すべきポイントをまとめましたので削除を依頼する前に理解しておきましょう。

削除ガイドラインにおける個人の取り扱い

ガイドラインでは、個人を一群、二類、三種の3つにわけ、申請者がどこに分類されるかによって申請内容が削除対象になるかどうか決定しています。

たとえば、芸能人や有罪判決が出たような知名度がある人は1群に分類され、個人名や住所、誹謗中傷の書き込みは原則削除されないとしています。
一方で三種に分類される全く無名の一般人は、個人特定や攻撃を目的としている書き込みはどのようなものでも削除対象です。

一群、二類、三種すべての人に該当するものだと、電話番号は一部が伏字になっていたとしても削除対象となります。
削除依頼をする際は、まず自分がどこに分類され、依頼する書き込みが削除対象となっているかどうかを確認してから行いましょう。

削除ガイドラインにおける法人の取り扱い

法人や団体については原則放置と定められています。どんなに誹謗中傷がかかれていても、削除対象にはなりません。

法人・団体で削除依頼ができるのは、公的なもの以外の電話番号が記載されている場合です。公的なものでないと確認のしようがないため一律削除対象と定められています。
削除依頼をする場合は、担当部署または担当責任者との連絡手段が必要となります。メールアドレスで構いませんので、準備しておきましょう。

削除ガイドラインにおける投稿目的による削除対象

過度に下品な内容や暴言など、第三者を不快にさせるような書き込みや、差別・蔑視は削除対象となります。
また、主観だけではない誹謗中傷は削除対象になりませんが、主観的な主張や、第三者の気分を害するために書き込まれたものと削除人に判断された場合は削除対象です。

削除の仕組みを理解する

2ちゃんねる 削除依頼の手順に従う

ポイント1:削除の仕組みを理解する

削除対象になるかは、個人なのか法人なのかにより変わってきます
個人の場合、個人を特定するための情報や、不利益が発生する可能性のある私生活情報はすべて削除対象になります。
ただし、有名人の場合は無名な人の取り扱いと異なり、ガイドラインの誹謗中傷に抵触する内容であっても、管理人が削除の必要があると判断しなければ削除ができません。

また法人の場合は上記でも述べた通り、原則として放置すると決められています。
そのため削除要請板で新規スレッドを立てて申請を行わなければなりませんが、申請理由が2ちゃんねるに掲載されるため、再炎上の原因となりかねません。
法人の削除依頼は弁護士に依頼したほうがリスクが少ないといえるでしょう。

また、2ちゃんねる本体ではなく、提携サイト・検索結果に表示されているキャッシュ・個人で公開しているコピーサイトなどは、2ちゃんねるが管理しているものではないため、削除対象外となることも注意してください。

ポイント2:削除人とは?どんな人?

2ちゃんねる 削除人とは

削除人とは、削除依頼があったレスやスレッドの削除や、書き込まれたレスを正しいスレッドに移動させる人のことを指します。
現在の削除人が行っている作業は、もともと2ちゃんねるの開設者であったひろゆき氏によって行われていました。しかし、2ちゃんねるが巨大化するにつれ一人では対応できなくなってしまったため、ひろゆき氏に選ばれたボランティアが代行するようになり、削除人と呼ばれる人たちが誕生したのです。
今でも削除人は、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)を運営するLoki Technology Inc.の社員ではなく、自ら志願したボランティアによって成り立っています。

しかし、削除人になるためには厳しい条件があり、また、晴れて削除人になれたとしても、恨みを買いやすい立場ということもあり、ボランティアでやるには割に合わない仕事です。
それにも関わらず、志願者は後を絶ちません。

2ちゃんねるはそもそも「自由さ」を売りにしている匿名掲示板のため、一度投稿してしまうと書き込んだ本人でさえ容易に削除することはできません
しかし、2ちゃんねるも完全に放置しているわけではなく、ガイドラインにあるように、差別・蔑視の意図がある書き込みや、「荒らし」と呼ばれる書き込みは、優先されて削除が行われます。

削除依頼をする場合は、削除理由と削除対象は一致しているか、ルール通りに申請できているかしっかりと確認をしてから送りましょう。
削除人は恣意的な削除は行わず、利用者が快適に2ちゃんねるを使用できるよう削除を行っています。削除人も人であるという事を忘れず、申請する側も決して感情的にならないよう、冷静にルールを守った申請を行いましょう。

正当な削除依頼の理由を用意する

削除人にわかりやすく説明する

上記を踏まえ申請が成功する確率をあげるための最大のポイントは、「削除人が判断に困らないように説明する」ということです。

削除の申請理由は、ガイドラインのどの部分に当てはまるのかをしっかりと明記しましょう。
例えば、2ちゃんねるのガイドラインには個人名や住所、電話番号などのプライバシー情報や、誹謗中傷が削除対象になると記載されております。これらはまさしく名誉棄損や穏やかな日常という利益を脅かすという点で、権利侵害に当てはまります。そのため2ちゃんねる側は正当な根拠と判断し、削除を行う可能性が高いのです。

また、申請理由の根拠となる資料があれば添付しましょう。根拠が多ければ多いほど削除人は削除の判断がしやすくなります。
併せて本人確認が出来る資料を添付し、法人ならば担当部署や担当責任者を明記し、連絡先の記載を忘れずに行いましょう。
削除人が判断しやすい削除依頼を出すという事を念頭に置いて依頼を出すことが成功の確立をあげる秘訣です。

同時に削除依頼を記入する際に気を付けねければならないことは、問題の掲示板のURLとレス番号を正確に記入するということです。
この記入を間違えてしまうと、どんなにわかりやすく根拠のある説明をしても、削除してもらえませんので注意してください。

削除依頼申請を行う上での注意事項

2ちゃんねる 削除依頼をする際の注意事項

メールや専用フォームから削除依頼をする

2ちゃんねるを個人で削除するには、専用のメールアドレスに削除依頼をだす方法と、削除要請フォームと呼ばれる専用フォームに記入する方法があります。

メールでの削除依頼は、当事者の方向けになり、個人名や住所・電話番号などプライバシーにかかわる情報や、差別・蔑視などガイドラインの重要削除対象に当てはまる場合、削除依頼することが可能です。
メールでの削除依頼の方法は、件名に「削除申し立て」と入力し、本文にスレッドのURL・レス番号・削除理由を記載します。根拠となる資料があれば、さらに削除の成功率はあがりますので添付しましょう。最後に本人確認ができる資料の添付をして送信すれば完了です。

メリットとしては、削除申請をしてもメール本文が公開されない点です。
反対に、記事が削除されても7日間は同じメールアドレスに異議申し立てが出来るため、削除人が異議申し立てを承認してしまうと一回削除された記事でも復活してしまうことがあります。

専用フォームからの削除依頼は、当事者のほかに掲示板を見て問題があると感じた第三者が削除を要請することが出来ます。
専用フォームでの削除依頼の方法は、指示通りフォームに入力するだけです。
申請方法は簡単ですが、基本的に入力した内容が全て削除要請板に公開されてしまいますので、再炎上を招いてしまう可能性が高いです。

また、重要削除対象以外の削除依頼に関しては、削除整理フォームにて申請を行います。
削除要請フォームと削除整理フォームでは、申請できる削除対象が異なりますので、自分の申請内容がどちらに当てはまるのか、ガイドラインをよく読んで判断し、適切な方を選択してください。

削除依頼が処理されなかったら

削除してもらえなかった場合、申請理由がガイドラインに沿っていない、または依頼内容に不備があることが考えられます。今一度ガイドラインをよく読み返し正しく申請できているか確認をしてください。

また、申請依頼をして2週間以上なにもアクションが起きない場合は、再度2ちゃんねる側に連絡をする必要があります。
削除要請板を使用した場合は専用メールへ、削除整理版を使用した場合は長期未処理報告に連絡してください。

炎上の可能性も?!

2ちゃんねる 炎上

削除手順について説明してきましたが、削除要請板を使用しても削除整理板を使用しても申請した理由は一般に公開されてしまいます。
つまり、2ちゃんねるを利用しているすべての人に削除申請を出したことがばれてしまうのです。

そのため、やっと沈静化したと思ったのに、再度話題になり炎上してしまう場合も考えられますので削除板を使用しての申請には注意が必要となります。

まとめ

2ちゃんねるでは削除原則として、「表現の自由は守られるべきであるが、全てに該当するわけではなく、他人の権利を侵害する場合は削除をする」と記載されています。
ですので、自分自身、または第三者から見て権利侵害を受けていると感じた場合は上記を理解の上、削除依頼をしたほうがいいでしょう。
しかし、どう権利侵害を訴えていいかわからなかったり、つい感情的に訴えてしまったり、そもそも匿名掲示板に個人情報を提示することに抵抗があったりと、なかなか個人で削除依頼することが難しいと感じることもあるかと思います。

また削除を行う削除人はあくまでもボランティアですので、他の仕事をしている人がほとんどです。そのため、24時間削除対応が行われているわけではありません。
処理されるまでには時間がかかってしまう場合もありますが、削除申請を出した後はこちら側からアプローチできる手段は限られています。

いち早く解決をお望みの場合は今回紹介した方法以外を使用する必要があります。
弊社では逆SEOによる問題ページの押し下げ施策を承っております。また削除に関しても独自のノウハウで進めることが可能ですので、お気軽に風評被害対策カレッジお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
ご相談は無料で承っております。