2ちゃんねるの削除依頼方法は?削除を成功させる正しい依頼方法!

2ちゃんねるの削除依頼方法は?削除を成功させる正しい依頼方法!

前回の記事に引き続き、2ちゃんねるの削除方法についてご説明します。『2ちゃんねるの書き込みを削除するために効果的なポイント5つ!』で2ちゃんねるの削除対応はすべて、削除人と呼ばれるボランティアの方々が行っているという話をしました。

つまり、依頼のあったものを本当に削除するかどうかはすべて削除人次第なのです。
今回は削除のキーパーソンである削除人に嫌われないよう、削除依頼をする方法をご紹介します。

\風評被害対策の無料相談はこちらから/

03-6685-1515

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

削除人とは?どんな人?

2ちゃんねる 削除人とは

削除人とは、削除依頼があったレスやスレッドの削除や、書き込まれたレスを正しいスレッドに移動させる人のことを指します。
現在の削除人が行っている作業は、もともと2ちゃんねるの開設者であったひろゆき氏によって行われていました。しかし、2ちゃんねるが巨大化するにつれ一人では対応できなくなってしまったため、ひろゆき氏に選ばれたボランティアが代行するようになり、削除人と呼ばれる人たちが誕生したのです。
今でも削除人は、2ちゃんねるを運営するRaceQueen inc.の社員ではなく、自ら志願したボランティアによって成り立っています。

しかし、削除人になるためには厳しい条件があり、また、晴れて削除人になれたとしても、恨みを買いやすい立場ということもあり、ボランティアでやるには割に合わない仕事です。
それにも関わらず、志願者は後を絶ちません。

2ちゃんねるはそもそも「自由さ」を売りにしている匿名掲示板のため、一度投稿してしまうと書き込んだ本人でさえ削除することはできません。
削除のための厳しいガイドラインも定められており、削除申請をしても削除してもらえる可能性はあまり高くありません。
しかし、2ちゃんねるも完全に放置しているわけではなく、ガイドラインにあるように、差別・蔑視の意図がある書き込みや、「荒らし」と及ばれる書き込みは、優先されて削除が行われます。

優先的に削除される書き込みがどんなものかは、ガイドラインに示されていますので、削除依頼をする場合は、ガイドラインをしっかりと読み込むことをおすすめします。

削除ガイドラインを理解する

2ちゃんねる 削除ガイドライン

2ちゃんねるの削除は、削除ガイドラインに則って行われます。ときに掲示板ごとのローカルルールによっても削除される場合がありますが、ローカルルールはその掲示板に詳しくなければ判断が難しいため、削除依頼をする際は削除ガイドラインに則った理由で申請をしましょう。

また、削除人も申請があったものを削除するかどうかは、ガイドラインを厳守しているかどうかで判断していますので、まずはガイドラインを事前に調べるところから始めましょう。

ガイドラインがわかりにくい!という方のために、ガイドラインの注意すべきポイントをまとめましたので参考にしてください。

削除ガイドラインにおける個人の取り扱い

ガイドラインでは、個人を一群、二類、三種の3つにわけて申請者がどこに分類されるかによって申請内容が削除対象になるかどうかわけています。
たとえば、芸能人や有罪判決が出たような知名度がある人は1群に分類され、個人名や住所、誹謗中傷の書き込みは原則削除されないとしています。
一方で三種に分類される全く無名の一般の人は、個人特定や攻撃を目的としている書き込みはどのようなものでも削除対象です。

一群、二類、三種すべての人に該当するものだと、電話番号は一部が伏字になっていたとしても削除対象となります。
削除依頼をする際は、まず自分がどこに分類され、依頼する書き込みが削除対象となっているかどうかを確認してから行いましょう。

削除ガイドラインにおける法人の取り扱い

法人や団体については原則放置と定められています。
どんなに誹謗中傷がかかれていても、削除対象にはなりません。

法人・団体で削除依頼ができるのは、公的なもの以外の電話番号が記載されている場合です。公的なものでないと確認のしようがないため一律削除対象と定められています。
削除依頼をする場合は、担当部署または担当責任者との連絡手段が必要となります。メールアドレスで構いませんので、準備しておきましょう。

削除ガイドラインにおける投稿目的による削除対象

過度に下品な内容や暴言など、第三者を不快にさせるような書き込みや、差別・蔑視は削除対象となります。
また、主観だけではない誹謗中傷は削除対象になりませんが、主観的な主張や、第三者の気分を害するために書き込まれたものと削除人に判断された場合、削除対象です。

削除依頼をする際の注意事項

2ちゃんねる 削除依頼をする際の注意事項

2ちゃんねるには2種類の削除板があります。
ガイドラインで重要削除対象となっている書き込みを削除する場合は削除要請板、それ以外の削除を依頼する場合は削除整理板を使用します。
まずは、自分が申請する削除内容がどちらの板に該当するのか、必ずガイドラインをよく読み、理解しましょう。
間違った削除依頼は削除対象となりませんので、注意が必要です。

削除要請板を利用する場合は、専用フォームを利用して投稿します。
削除整理板に関しては、記載されているフォームを守っていれば直接書き込んでしまっても大丈夫です。
原則どちらの板でも、削除依頼理由が公開されます。

削除するかどうか判断するのは、あくまでも削除人です。ガイドラインに記載されている注意事項を守らなかったり、つい感情的に訴えかけてしまったりした削除依頼は、対応してもらえませんので、気を付けましょう。

削除人にわかりやすく説明する

申請が成功する確率をあげるための最大のポイントは、「削除人が判断に困らないように説明する。」ということです。
削除の申請理由が、ガイドラインのどの部分に当てはまるのかをしっかりと明記しましょう。
また、申請理由の根拠となる資料があれば添付しましょう。根拠が多ければ多いほど削除人は削除の判断がしやすくなります。
併せて本人確認が出来る資料を添付し、法人ならば担当部署や担当責任者を明記し、連絡先の記載を忘れずに行いましょう。

削除依頼を記入する際、一番気を付けてほしいことは、問題の掲示板のURLとレス番号を正確に記入するということです。
この記入を間違えてしまうと、どんなにわかりやすく根拠のある説明をしても、削除してもらえません。

削除依頼が処理されなかったら

削除してもらえなかった場合、申請理由がガイドラインに沿っていない、または、依頼内容に不備があることが考えられます。今一度ガイドラインをよく読み返し、正しく申請できているか確認をしてください。

また、申請以来をしてか2週間以上なにもアクションが起きない場合は、再度2ちゃんねる側に連絡をする必要があります。
削除要請板を使用した場合は専用メールへ、削除整理版を使用した場合は、長期未処理報告に連絡してください。

炎上の可能性も?!

2ちゃんねる 炎上

2ちゃんねるの削除をするための方法を説明してきましたが、削除要請板を使用しても、削除整理板を使用しても、申請した理由が公開されてしまいます。
つまり、2ちゃんねるを利用しているすべての人に削除申請を出したことがばれてしまうのです。

そのため、やっと沈静化したと思ったのに、再度話題になり、炎上してしまう場合も考えられます。

風評対策カレッジでは、長年のノウハウを用い、非公開で削除することが可能です。お気軽にご相談ください。

まとめ

2ちゃんねるの削除を迅速に行うためには、削除人のことをしっかりと理解することが必要不可欠です。削除人はあくまでもボランティアですので、他の仕事をしている人がほとんどです。そのため、24時間削除対応が行われているわけではありません。

処理されるまでに時間がかかってしまう場合もあります。いち早く解決をお望みの場合は、今回紹介した方法以外を使用する必要があります。風評対策カレッジでは無料でご相談に乗っていますので、ご連絡ください。