2ちゃんねるの書き込みを削除するために効果的なポイント5つ!

2ちゃんねるの書き込みを削除するために効果的なポイント5つ!

インターネット上での風評被害に悩んでいる方は多くいらっしゃいますが、中でも問い合わせが多いのは、2ちゃんねるに個人情報を載せられてしまった、誹謗中傷を書かれてしまった、というような2ちゃんねるでの風評被害です。

2ちゃんねるとは、匿名で書き込みが出来、幅広いジャンルがあることで知られている、日本最大級のネット掲示板です。
その社会的影響力はすさまじく、一度誹謗中傷のコメントや記事が書き込まれてしまうと、次々と拡散され、瞬く間に風評被害が大きくなってしまいます。

ところが、一般的に2ちゃんねるの削除は難しいといわれており、安易に申請してしまい、かえって炎上してしまったケースも多くあります。
法的な方法は弁護士に依頼するのもいいかと思いますが、しっかりと2ちゃんねるの仕組みを理解すれば、個人でも削除は可能です。

このページでは2ちゃんねるを削除するための効果的なポイントを5つご紹介しておりますので、参考にしていただき、風評被害を最小にとどめていきましょう。

\風評被害対策の無料相談はこちらから/

03-6685-1515

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

削除ガイドラインを参照する

2ちゃんねる 削除ガイドラインを参照する

ポイント1:削除の仕組みを理解する

2ちゃんねるは一度投稿されたものは簡単に削除できないようになっており、自分自身で投稿した書き込みでさえ、ガイドラインにのっとり申請しなければ削除できません。
ガイドラインには削除の判断基準が記載されていますので、まずはガイドラインをしっかりと読み込みましょう。

削除対象は、個人なのか法人なのかにより変わってきます。
個人の場合、個人を特定するための情報や、不利益が発生する可能性のある私生活情報はすべて削除対象になります。たとえば電話番号は一部伏字になっていたり、示唆する文字列などでも削除が可能です。
ただし、有名人の場合は無名な人の取り扱いと異なり、ガイドラインの誹謗中傷に抵触する内容であっても、管理人が削除の必要があると判断しなければ削除ができません。

また、法人の場合は原則として放置すると決められています。
そのため削除要請板で新規スレッドを立てて申請を行わなければなりませんが、申請理由が2ちゃんねるに掲載されるため、再炎上の原因となりかねません。
法人の削除依頼は弁護士に依頼したほうがリスクが少ないといえるでしょう。

また、2ちゃんねる本体ではなく、提携サイト・検索結果に表示されているキャッシュ・個人で公開しているコピーサイトなどは、2ちゃんねるが管理しているものではないため、削除対象外となることも注意してください。

ポイント2:削除人とは?どんな人?

申請された削除依頼は、「削除人」と呼ばれている人が全て対応していますが、
実はこの削除人は全員ボランティアです。
そのため、ガイドラインに沿った依頼ではない場合や感情的で八つ当たりのような申請は、削除に応じてもらえない可能性があります。
削除するかどうかの判断は削除人の判断に任されているため、削除人を味方につけることが、削除への一番の近道です。

ガイドラインをよく読んで、削除理由と削除対象は一致しているか、ルール通りに申請できているか、しっかりと確認をし、送りましょう。
削除人は恣意的な削除は行わず、利用者が快適に2ちゃんねるを使用できるよう冷静な判断のもと、削除を行っています。
削除人の削除基準はすべてガイドラインに則っていますので、申請する側も決して感情的にならず、冷静にルールを守った申請を行いましょう。

正当な削除依頼の理由を用意する

ポイント3:判断しやすい削除依頼を

ポイント2でも書きましたが、2ちゃんねるの削除はすべて削除人に任されています。
削除人は「本当に消していいのか」「削除依頼の理由は適切か」「ガイドラインに則っているか」と考えながら削除を行っていますので、主観的だったり依頼主に直接関係のない削除依頼は通りません。削除人が処理しやすい削除依頼を出すことが、削除してもらうために一番重要なことになります。

また、2ちゃんねるはカテゴリーごとに掲示板がわかれており、特有のルールが定められていることがあります。そのローカルルールに抵触している場合は、削除依頼を出すことが可能ですが、削除人にはローカルルールに詳しくない人もいるので、
ガイドラインとローカルルールどちらにも抵触しているなど、削除人が判断しやすい様に削除依頼をだしましょう。

削除依頼の手順に従う

2ちゃんねる 削除依頼の手順に従う

ポイント4:メールや専用フォームから削除依頼をする

2ちゃんねるを個人で削除するには、専用のメールアドレスに削除依頼をだす方法と、削除要請フォームと呼ばれる専用フォームに記入する方法があります。

メールでの削除依頼は、当事者の方向けになり、個人名や住所・電話番号などプライバシーにかかわる情報や、差別・蔑視などガイドラインの重要削除対象に当てはまる場合、削除依頼することが可能です。
メールでの削除依頼の方法は、件名に「削除申し立て」と入力し、本文にスレッドのURL・レス番号・削除理由を記載します。根拠となる資料があれば、さらに削除の成功率はあがりますので添付しましょう。最後に本人確認ができる資料の添付して送信すれば完了です。

メリットとしては、削除申請をしてもメール本文が公開されない点です。
反対に、記事が削除されても7日間は同じメールアドレスに異議申し立てが出来るため、削除人が異議申し立てを承認してしまうと、一回削除された記事でも復活してしまうことがあります。

専用フォームからの削除依頼は、当事者のほかに掲示板を見て問題があると感じた第三者が削除を要請することが出来ます。
専用フォームでの削除依頼の方法は、指示通りフォームに入力するだけです。
申請方法は簡単ですが、基本的に入力した内容が全て削除要請板に公開されてしまいますので、再炎上を招いてしまう可能性が高いです。

また、重要削除対象以外の削除依頼に関しては、削除整理フォームにて申請を行います。
削除要請フォームと削除整理フォームでは、申請できる削除対象が異なりますので、自分の申請内容がどちらに当てはまるのか、ガイドラインをよく読んで判断し、適切な方を選択してください。

ポイント5:権利侵害を削除依頼の根拠にする

削除してもらうための最大のポイントは「権利侵害を削除依頼の根拠にする」ということです。
権利侵害とは、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為のことをいいます。

2ちゃんねるのガイドラインには、個人名や住所、電話番号などのプライバシー情報や、誹謗中傷が削除対象になると記載されております。これらはまさしく名誉棄損や穏やかな日常という利益を脅かすという点で、権利侵害に当てはまります。そのため2ちゃんねる側は正当な根拠と判断し、削除を行う可能性が高いのです。

法人の依頼の場合は、基本放置とされていますので、権利侵害を2ちゃんねるに訴えるのではなく、弁護士に相談をし、裁判手続きを行い、司法判断を待つというのが一般的な削除方法です。

まとめ

2ちゃんねるでは削除原則として、「表現の自由は守られるべきであるが、全てに該当するわけではなく、他人の権利を侵害する場合は削除をする。」と記載されています。
ですので、自分自身、または第三者から見て権利侵害を受けていると感じた場合は削除依頼をしたほうがいいでしょう。

しかし、どう権利侵害を訴えていいかわからなかったり、つい感情的に訴えてしまったり、そもそも匿名掲示板に個人情報を提示することに抵抗があったり、と、なかなか個人で削除依頼することが難しいと感じることもあるかと思います。
そんなときは、風評被害対策カレッジにご相談ください。